ニュース

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、主鏡に流星塵が衝突–観測に支障なし

2022.06.10 15:02

佐藤信彦

facebook twitter line

 米航空宇宙局(NASA)は、「James Webb Space Telescope(JWST、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡)」の主鏡に流星塵(りゅうせいじん)が衝突したと発表した。ただし、今後の観測に支障はないという。

 流星塵とは、宇宙を漂っている砂粒のような物質。地球の大気圏に突入すると、流星として観測される。

 宇宙空間に浮かぶウェッブ宇宙望遠鏡が流星塵と衝突することは、どうしても避けられない。ある程度までの大きさの流星塵については、衝突に耐える設計も施してある。また、既知の流星群と遭遇すると予想される場合には、向きを変えるなどして衝突を未然に防ぐよう制御する。

 5月23日から25日の間に発生した今回の衝突は、流星群と無関係な流星塵によるもので、予想できなかった。想定していたより大きかったため、耐えられなかったという。

金色の主鏡に流星塵が衝突(出典:NASA)
金色の主鏡に流星塵が衝突(出典:NASA)

 調査したところ、観測データに衝突の影響は出ているものの、十分な観測精度が確保できているとした。そして、光学系を改めて調整したことで、影響は最小限にとどめられたそうだ。

 現在ウェッブ宇宙望遠鏡は試験運用中で、完全な状態で撮影した画像と計測データを夏に初公開する予定。流星塵の衝突はあったが、このスケジュールに変更はない。

Related Articles