ニュース

三井物産とAxiom、周回軌道での商用サービス提供で合弁会社を設立

2022.04.12 13:18

佐藤信彦

facebook twitter line

 三井物産と米Axiom Spaceは、地球周回軌道上で各種商用サービスを提供するため、日本に拠点を置く合弁会社を設立すると発表した。

 両社は、宇宙空間を活用するサービスの提供を目指し、2021年9月に提携を結んでいた。さらに、三井物産はAxiom Spaceへ出資し、資本関係もある。

 合弁会社では、周回軌道の微小重力や地球低軌道(LEO)を利用する研究開発のほかマーケティングや広告、エンターテインメントなど、民間企業や政府機関、非政府機関(NGO)を対象にサービスを展開していく。国際宇宙ステーション(ISS)だけでなく、Axiomが建造中の商用宇宙ステーション「Axiom Station」も活用する計画。

 Axiom Stationは2024年から2025年にかけて軌道へ投入し、ISSにドッキングさせて運用する。その数年後、ISSから切り離して、独立した宇宙ステーションとする。

周回軌道上で商用サービスを提供(出典:Axiom Space)
周回軌道上で商用サービスを提供(出典:Axiom Space)


Share


Related Articles