ニュース

衛星向け光通信サービス開発のワープスペース、米企業とコンサル契約を締結

2022.03.04 08:00

UchuBizスタッフ

facebook twitter line

 筑波大学発スタートアップのワープスペース(茨城県つくば市)は3月3日、アメリカ進出に向けて米GXOと戦略コンサルティング契約を締結したことを発表した。アメリカ市場への進出を加速させ、衛星間光通信サービスの世界市場をリードしていくとしている。

 ワープスペースは、地上400~600kmの低軌道(LEO)を周回する人工衛星向け光通信サービス「WarpHub InterSat」を開発している。光通信が可能な中継衛星3基を中軌道(Medium Earth Orbit:MEO、地上2000~3万6000km)に打ち上げ、LEOにある衛星から送られてきたデータを地上局に中継する仕組み。

 GXOは、VOX Spaceの元社長であるMandy Vaughn氏が創業した、宇宙ベンチャーが市場へ参入するための戦略的サポートを提供しているという。

(左から)ワープスペース代表取締役 最高経営責任者(CEO)の常間地(つねまち)悟氏とGXO CEOのMandy Vaughn氏
(左から)ワープスペース代表取締役 最高経営責任者(CEO)の常間地(つねまち)悟氏とGXO CEOのMandy Vaughn氏(出典:ワープスペース)


Share


Related Articles