ニュース

Space BD、「タンパク構造解析」で打ち上げ完了–シスメックスと共同研究

2023.06.14 17:25

飯塚直

facebook twitter line

 Space BD(東京都中央区)は6月14日、ライフサイエンス事業「タンパク構造解析サービス」で国内外の企業や研究機関の試料(サンプル)の国際宇宙ステーション(ISS)への打ち上げが完了したと発表した。

 サンプルは、米航空宇宙局(NASA)による、ISSへの商業補給サービス(Commercial Resupply Services:CRS)の28回目(CRS-28)の一部として、Space Exploration Technologies(SpaceX)の補給船「Crew Dragon」に搭載。日本時間6月6日午前0時47分に米フロリダ州のケネディスペースセンターから「Falcon 9」で打ち上げられた。

CRS-28打ち上げの様子(出典:NASA)
CRS-28打ち上げの様子(出典:NASA)

 Space BDは、ISSの日本実験棟「きぼう」船内の実験設備を活用し、微小重力空間の特性を生かした高品質なタンパク質結晶の生成技術を使用し、タンパク構造解析サービスを展開している。

 タンパク構造解析サービスは、創薬研究で重要となるターゲットタンパク質構造情報の決定と、化合物などとの相互作用の検証を支援する。

 通常の新薬開発プロセスでは膨大な時間が必要となる候補化合物の選定で高品質なタンパク質の構造情報を基づいて実験をすることで、リードタイムを短縮。コスト削減に貢献しているという。

タンパク構造解析サービスの利用イメージ(出典:Space BD)
タンパク構造解析サービスの利用イメージ(出典:Space BD)

 Space BDによると、2021年5月の高品質タンパク質結晶生成実験サービス開始から、現在までに3回の打ち上げを支援。宇宙航空研究開発機構(JAXA)のアカデミア公募案件を中心に、合計350以上のサンプル打ち上げを成功させてきたと説明。今回の打ち上げでISSへと送り届けた有償利用サンプルの合計は28になったとしている。

NASAケネディスペースセンターでのCRS-28搭載サンプルの充填作業(出典:Space BD)
NASAケネディスペースセンターでのCRS-28搭載サンプルの充填作業(出典:Space BD)

 今回の新たな挑戦として、シスメックス(神戸市中央区)と共同研究契約を締結。診断薬開発の基礎データ取得を目的としたサンプルを打ち上げた。サンプルの帰還後、同実験結果をもとにした新規診断薬の開発を進めていく予定だという。シスメックスは、臨床検査機器や検査用試薬、関連ソフトウェアなどの開発・製造・販売などを事業としている。

Related Articles