アストロスケール、三菱UFJ銀行と30億円の融資枠--累計融資は140億円

ニュース

アストロスケールHD、三菱UFJ銀行と30億円の融資枠–累計融資は140億円

2023.04.28 15:20

飯塚直

facebook twitter line

 アストロスケールホールディングス(東京都墨田区)は4月27日、三菱UFJ銀行と総額30億円の「リボルビング・クレジット・ファシリティ」契約を締結したと発表した。リボルビング・クレジット・ファシリティは、一定の期間や限度枠内で企業が借入や返済ができる契約。同社の財務基盤を強化し、今後の事業展開を支えるものになるという。

 同社は、2022年9月に三菱UFJ銀行と総額50億円の融資契約を締結。2023年4月25日にみずほ銀行との総額30億円の融資契約を締結している。今回の契約で累計融資調達額は140億円となった。

 同社は、宇宙機の安全航行の確保を目指し、全軌道における軌道上サービスに専業で取り組む世界初の民間企業。2013年の創業以来、軌道上で増加し続けるデブリの低減、除去策として、衛星運用終了時のデブリ化防止のための除去(End-of-Life:EOL)、既存デブリの除去(Active Debris Removal:ADR)、寿命延長(Life Extension:LEX)、故障機や物体の観測・点検(In-Situ Space Situational Awareness:ISSA)など軌道上サービスの実現を目指し技術開発を進めている。

Related Articles