ニュース

米スペースX、2度目の米偵察衛星打ち上げに成功

2022.04.18 12:49

CNN.co.jp

facebook twitter line

米民間宇宙企業のスペースXは17日、再び米軍の偵察衛星を打ち上げることに成功したと発表した。偵察衛星を搭載したロケット「ファルコン9」は、米カリフォルニア州のバンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた。

ファルコン9はイーロン・マスク氏率いるスペースXが開発した軌道投入ロケットで、再利用を可能にすることでコスト削減をはかっている。スペースXは2017年に史上初めて、同じロケットの2度目の打ち上げを成功させていた。

米国家偵察局(NRO)によると、17日の打ち上げに使われたロケットは、今年2月にNROの衛星打ち上げに使われたのと同じロケットだった。

スペースXはこれまでに何十回も、再利用できるブースターや宇宙船を使って衛星や貨物の打ち上げを行っている。昨年は初めて、宇宙飛行士が搭乗する有人飛行にも再利用ロケットを使用した。

米バンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「ファルコン9」=17日/US Space Force
米バンデンバーグ宇宙軍基地から打ち上げられた「ファルコン9」=17日/US Space Force

(この記事はCNN.co.jpからの転載です)

Related Articles