ニュース

JAXA、観測ロケット「S-520-32号機」の打上げ結果を発表

2022.08.12 14:00

飯塚直

facebook twitter line

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月11日、「電離圏擾乱発生時の電子密度鉛直・水平構造観測」を目的とした観測ロケット「S-520-32号機」を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。

 打ち上げ時刻は、8月11日23時20分00秒(日本標準時)。発射上下角は、75.0度。最高到達高度は、279km(打上げ268秒後)。ロケットは正常に飛翔し、内之浦南東海上への落下(着水時刻:打上げ522秒後)を確認したという。打上げ時の天候は晴れ、北北西の風1m/秒、気温28度。今回の打ち上げで、観測ロケット「S-520-32号機」実験は終了するという。

 観測ロケット「S-520」は、「K-9M型」「K-10型」ロケットに替わる単段式ロケットだ。高性能推薬および、最適推力プログラムの採用、構造の軽量化などによって、単段式ながらそれまでの主力観測ロケットであった「K-9M型」の2倍のペイロード能力を有している。また、直径520mm、打上げ時の重量約2,100kgで、高度約300kmに到達する能力があるという。

 これまでも、「深宇宙探査用デトネーションエンジンシステムの実証実験」(打ち上げ日:2021年7月27日)、「酸化物系宇宙ダストの核生成過程の解明」(打ち上げ日:2015年9月11日)、「スポラディックE層空間構造の立体観測」(打ち上げ日:2014年8月17日)などの観測を行っていた。

Related Articles