ニュース

Space BD「スペースデリバリー」、打ち上げ完了–ISSのきぼうで半年宇宙に

2022.02.24 08:00

UchuBizスタッフ

facebook twitter line

 宇宙商社Space BDは2月22日、対象品(サンプル)を宇宙空間に打ち上げ、曝露した後に地上に戻す「スペースデリバリープロジェクト~RETURN to EARTH~」の打ち上げが完了したことを発表した。

 サンプルは、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を補給する無人宇宙船「Cygnus」(NG-17)に搭載され、2月20日午前2時40分に米バージニア州の米航空宇宙局(NASA)のワロップス飛行施設 中部大西洋地域宇宙基地から打ち上げられた。

打ち上げられた対象品の一部
打ち上げられた対象品の一部(出典:Space BD)

 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)へのサンプル引き渡しは2021年9月に完了。今後は、ISSの日本の実験棟「きぼう」に備え付けられている船外実験プラットフォームで約6カ月間宇宙空間に曝露される。2022年度中にISS船内に回収、補給船で地球に帰還する予定。

 同プロジェクトは、国内外の研究機関や教育機関、民間企業など10組から提供された、研究用の素材のほか写真やイラストなどのサンプルを宇宙空間に打ち上げ、曝露した後に地上に戻すというもの。

サンプルはCygnusに搭載された
サンプルはCygnusに搭載された(出典:JAXA/NASA Wallops/Allison Stancil)


Share


Related Articles