特集

ISS「きぼう」の民間利用を進める宇宙商社Space BD–宇宙開発を支える中小企業の技術力

2021.12.06 15:45

田中好伸(編集部)

facebook twitter line

 「きぼうではプラットフォーム化構想を進めている。加えて、事業化、つまり民間への開放も進めている。Space BDへの移管も事業化の一環。お客さんとの距離が近い存在である“宇宙商社”Space BDにExBASを『共同で開発しませんか』と持ちかけたら、『こんなスピードで決定していいのか?』とドキドキするくらい早い決断だった。2020年11月に合意して以降、1年以内に打ち上げられる状態にあるのは、宇宙商社プラスα、つまり技術力に裏打ちされたものであることを証明している」(土井氏)

木造人工衛星への第一歩

 サンプルは、ExBASの表面に取り付けて直接宇宙に曝露する方法とExBASの内部で浮游させるという方法の二通りがある。直接曝露では、布などの素材やステッカーを貼り付けられ、重さは90gまで対応、ExBAS内部での浮游は指輪や時計、靴などの小物類に対応し、重さは900g程度まで。

Space BD 事業開発部 マネージャー 平賀元気氏
Space BD 事業開発部 マネージャー 平賀元気氏

 報告会でSpace BD 事業開発部マネージャー 平賀元気氏は、ExBASに搭載するサンプルを選定する経緯として、研究開発、マーケティング、教育という3つの分野があったことを解説した。

 研究開発では、宇宙の環境が素材や微生物などにどのような影響があるのかを調べる。放射線や無重力、真空などの状況が与える影響を調べることができる。

 マーケティングの分野では、宇宙に打ち上げられたという事実が、これまでにない付加価値を創出できることが強みになる。宇宙にあったという付加価値をもとにしたPRでより広範に認知されることも期待できる。

 教育の分野では、ExBASに搭載されるサンプルを児童や生徒が自ら製造することで、宇宙空間に到達するまでのプロセスを学ぶことになる。また、宇宙教育プログラムに伴う記念品を作るためにExBASを利用できるという点もメリットになる。

 2021年度内に打ち上げられる10組のサンプルは以下の通り(五十音順)。

宇宙空間に打ち上げられる損保ジャパン公式キャラクターのジャパンダ(出典:Space BD)
宇宙空間に打ち上げられる損保ジャパン公式キャラクターのジャパンダ(出典:Space BD)
  • アダマンド並木精密宝石=工業用ダイヤモンド(研究開発)
  • 京都大学=木材試験体とポリイミド樹脂(研究開発)
  • クラーク記念国際高校=学校名のロゴパネルを刻印したアルミ板(教育)
  • (一般社団法人)Space SAGA=地球と対話する食の見直し活動「ジオ・ガストロノミー」公式ウェブサイトへのQRコードを刻印したアルミ板(マーケティング)
  • 損害保険ジャパン=キャンペーン当選者の思い出の写真、公式キャラクター「ジャパンダ」を印刷したアルミ板(マーケティング)
  • たんぽぽ4研究チーム=「宇宙での生命の起源、移動と生存」の解明を目指した宇宙環境での生体有機化合物合成と微生物の生存性の検証(研究開発)
  • 東亞合成=瞬間接着剤の宇宙曝露耐久試験装置(研究開発)
  • 八戸工業大学第一高校(八工大第一高)=地域に伝わる昔話のキツネをキャラクターデザインして彫刻した生徒手作りのアルミ板(教育)
  • (ブラジル)Airvantis=企業ロゴを刻印したアルミ板(マーケティング)
  • (フランス)Toucan Space=有名人がサインした紙の束(マーケティング)
京都大学 農学研究科/森林科学専攻生物材料工学講座 准教授 村田功二氏
京都大学 農学研究科/森林科学専攻生物材料工学講座 准教授 村田功二氏

 今回のプロジェクトで注目できるのが、京都大学の取り組みだ。同大学がExBASで宇宙空間に曝露させる木材とは、全体が木でできた人工衛星を作るためのものだ。

 同大学と住友林業は、宇宙空間で木材を利用するための基礎研究で契約を2020年4月に締結して「宇宙木材プロジェクト(LignoStella Project)」を開始させている。この宇宙木材プロジェクトでは、2023年に木造人工衛星(LignoSat)を打ち上げることを狙っている。

 木材は電磁波や磁気波を通過させることからアンテナや姿勢制御装置を衛星内部に設置でき、構造を簡素化できると考えられている。運用終了後は大気圏突入時に燃え尽きるため、微小粒子が発生せずに、よりクリーンで環境に優しい人工衛星の開発につながると期待できる。

 スペースデリバリープロジェクトの実験では、宇宙空間で木材がどのようなに劣化するのか、曝露前後の木材の微細構造の変化などを定量的に分析するととも劣化メカニズムを解析する。

1 2 3


Share


Related Articles