ニュース

月面で植物は発芽するのか、種子を打ち上げて実験へ–2025年めどに

2022.10.21 16:09

塚本直樹

facebook twitter line

 オーストラリア国立大学(ANU)の科学者は、スタートアップ企業のLunaria Oneと共同で、月での植物の栽培ミッション「ALEPH(Australian Lunar Experiment Promoting Horticulture)」を2025年にも実施する。

 同プロジェクトでは、植物の種子をイスラエル企業SpaceILの月着陸船「Beresheet 2」に搭載する。候補となる植物の中には「Tripogon loliformis」という、長い休眠や脱水状態の後でも発芽できるオーストラリアの草が検討されている。

 ANUの植物生物学者ことCaitlyn Byrt氏は「宇宙は最も過酷な環境で植物を発芽させるための、非常に優れた実験場だ」と声明で述べている。「もし月で植物を育てることができれば、食物を育てるシステムを作ることができる」とも説明した。

 月面における植物の発芽実験では、中国の探査機「嫦娥4号」が綿花の種子を発芽させることに成功している。

Related Articles