ニュース

「宇宙日本食」と「日本災害食」が連携–JAXA審査項目を省略

2022.01.19 07:30

UchuBizスタッフ

facebook twitter line

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が認証する「宇宙日本食」と一般社団法人の日本災害食学会(JSDF)が認証する「日本災害食」の連携が1月17日に始まった。

 「宇宙日本食」に認証された食品は、「日本災害食」に比較的簡易な審査で認証できるようになった。「宇宙日本食」認証食品が「日本災害食」の認証で申請した場合、「日本災害食」の審査項目のうち、「宇宙日本食」でJAXAで審査された項目は、JSDFでの審査を省略できる。JSDFの審査料も減額される。

 JAXAとJSDFは、宇宙食と災害食には常温での長期保管など、必要な特性に類似点があることに着目し、「宇宙日本食」と「日本災害食」の連携を共同で連携してきた。JAXAとJSDFは「日本災害食」に認証されている食品を「宇宙日本食」に認証する場合の手続きでも共同で継続して検討を進めていく。

 「宇宙日本食」は、メーカーなどが提案する食品をJAXAが定める認証基準と照らし、基準を満足している場合に宇宙日本食として認証する。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する日本人宇宙飛行士に、日本食の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的なストレスを和らげ、ひいてはパフォーマンスの維持や向上につながることを目的として開発したという。現在は、日本人宇宙飛行士のみに提供されているが、今後は日本以外の宇宙飛行士にも提供したいとしている。

 日本の家庭で普段食べられている範囲を対象にしているが、伝統的な和食には限定していない。1月17日時点で認証されている「宇宙日本食」は「日清スペースチキンラーメン」「スペース日清焼そばU.F.O.」「スペースからあげクン」「ホテイやきとり(柚子こしょう味)宇宙用」「キッコーマン宇宙生しょうゆ」「亀田の柿の種(宇宙食)」「キシリトールガム(ライムミント)」など47の品目(26の社や団体が提供)。


Share


Related Articles