ニュース

初の欧州女性船長がISSで指揮へ–イタリア出身のCristoforetti氏

2022.09.29 17:01

塚本直樹

facebook twitter line

 イタリア出身の宇宙飛行士Samantha Cristoforetti(サマンサ・クリストフォレッティ)が9月28日、欧州女性として初めて国際宇宙ステーション(ISS)の船長(コマンダー)に就任した。

 Cristoforetti氏はもともとイタリア空軍のパイロットかつエンジニアで、2012年には第42次/43次長期滞在クルーとしてISSへと参加。イタリア人女性として初めての宇宙滞在となっただけでなく、彼女は欧州人飛行士として最長の宇宙連続滞在時間の記録を持っている。

 第67次/68次長期滞在クルーとしてISSに渡ったCristoforetti氏は、Frank De Winne氏、Alexander Gerst氏、Luca Parmitano氏、Thomas Pesquet氏に続く、5人目の欧州人船長となった。現在のISSにはロシア、アメリカ、イタリアの3カ国から合計10人の飛行士が参加している。

 「Artemyev前船長のおかげでクルーやクルー仲間としてだけでなく、ひとつの大きな宇宙家族として、我々は一緒に成長できたと思う」と、Cristoforetti氏は語った。「我々は、地上にいる巨大なチームのほんの一部に過ぎない」

(出典:NASA Television)

Related Articles