ニュース

衛星インターネット「Starlink」、2023年は最大100回の打ち上げ目指す

2022.09.01 16:00

塚本直樹

facebook twitter line

 Space Exploration Technologies(SpaceX)を率いるElon Musk氏は、2023年は衛星ブロードバンド「Starlin」を最大100回打ち上げるとTwitterで発言した。

 Starlinkでは低軌道へと多数の衛星を打ち上げることで、低遅延かつ高速というインターネットサービスを提供している。同社は2021年には31回、2022年ではすでに39回のStarlinkを打ち上げている。

 SpaceXは現在、「Falcon 9」ロケットで一度に50機前後のStarlinkを打ち上げている。今年打ち上げられた39機のFalcon 9のうち、25機はStarlinkの打ち上げ専用となっている。

 SpaceXは現在、第2世代Starlinkの打ち上げを予定している。こちらは現在のStarlink衛星よりも大型で、より高速な通信速度と密度の高い接続エリアを提供できるとしている。

 近い将来には、次世代大型ロケット「Starship」によるStarlinkの打ち上げも予定している。Starshipは現在、南テキサスの施設で軌道上飛行テストを準備している

(出典:SpaceX)

Related Articles