ニュース

ファミマ、万博工事現場に「移動型無人トレーラー店舗」をオープン–衛星インターネットを活用

2024.05.13 14:17

UchuBiz編集部

facebook X(旧Twitter) line

 ファミリーマートは5月13日、竹中工務店、日立ハイテクとともに、大阪・関西万博の工事現場内に、コンビニ初となる移動型無人トレーラー店舗「ファミリーマート舞洲/N店」を同日オープンすると発表した。工事の進捗や工事従事者数に合わせて販売場所を柔軟に移動するという。

 店内には、冷蔵商品や冷凍商品を含めた、約280種類の商品を取り揃える。2台のセルフレジが設置されており、会計の待ち時間を短縮できるほか、ファミマのアプリ「ファミペイ」も利用可能。品質管理のために、トレーラー内には、設定した温度帯を超えると、エアコンが自動的にON/OFFするシステムも採用されているという。

 この移動型無人トレーラー店舗は、竹中工務店・日立ハイテクによる、移動可能な工事事務所である「牽引式オフグリッド型モバイルハウス」を発展させたもの。日立ハイテクによるソーラーパネルと蓄電池および制御機器からなる自立電源システムと衛星インターネットの搭載により、自立通信が可能となっている。

 ファミリーマートは今後も、被災地や買い物不便地域などでの買い物支援を目的に、移動型無人トレーラー店舗の展開を検討していく予定だという。

Related Articles