NASAなどのデータを使ったハッカソン「Space Apps Challenge」が10月に開催

ニュース

NASAなどのデータを使ったハッカソン「Space Apps Challenge」が10月に開催

2023.10.02 15:25

飯塚直

facebook twitter line

 米航空宇宙局(NASA)保有の宇宙データを活用した「NASA Space Apps Challenge 2023」が10月7~8日に開催される。参加費用は無料。

 NASA Space Apps Challengeは、NASAなどが公開している宇宙や地球環境、衛星関連のデータを使ったハッカソン。日本では、神奈川県横浜市や埼玉県深谷市、宮城県丸森町、愛知県豊橋市、和歌山県串本町、山口県宇部市という全国6カ所で開催される。

 複数の参加者でチームを組み、ソフトやハードを含めた「モノ」や「コト」を作り、2日目夕方から各チームでプレゼンする。

 参加者は、デザイナーやプログラマー、エンジニア、プレゼンター、オーソリティ(地元に詳しい人)などの役割に分かれ、互いのバックボーンを共有。チームで、宇宙データを利用したアプリやロボット、そのプロダクトを紹介するプレゼン資料などを制作する。

 映像やイラストレーティングなど、アートなプロダクトの作成に挑むチャレンジもあり、エンジニアリングスキルによらず小学生からでも参加可能だという。

関連リンク
NASA Space Apps Challenge 2023

Related Articles