ニュース

Space BD、佐賀県の防災業務のDX化支援–衛星で地表を察知、被害地域を早期特定

2022.04.05 14:47

鈴木悠斗

facebook twitter line

 Space BD(東京都中央区)は4月5日、衛星データを活用し、佐賀県の防災業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する計画案を同県に提出したと発表した。計画案は2022年度の導入を検討しており、県内エリアでの土砂災害リスクの特定など、防災や災害に対する衛星データ活用の実現性検証の取り組みなどを盛り込んでいる。

 広範囲の地表データを定期的にモニタリングできる衛星データを活用することで地表の状態変化の察知による災害予測や災害発生時の重大被害地域の早期特定などの活用が期待されているという。

人工衛星データを活用した防災DXイメージ(出典:Space BD)
人工衛星データを活用した防災DXイメージ(出典:Space BD)


Share


Related Articles