ニュース

NASA、火星ヘリコプター「Ingenuity」の運用期間を延長–飛行性能が向上

2022.03.24 16:02

佐藤信彦

facebook twitter line

 米航空宇宙局(NASA)は、火星で飛行させているヘリコプター「Ingenuity Mars Helicopter」について、運用期間を9月まで延長すると発表した。

 Ingenuity(インジェニュイティ)は、火星の極めて薄い大気中でもドローンが探査に使えることを確認するため、火星探査機「Perseverance(パーシビアランス)」とともに送り込まれた実証実験機。二重反転式ローターで飛行する機体で、特別な観測機器は搭載していない。

火星で飛ぶIngenuityの想像図
火星で飛ぶIngenuityの想像図(出典:NASA)

 2021年2月に火星へ到着し、4月19日に初飛行を成功させた。これまでに合計21回の飛行を実施し、総飛行時間は38分、総飛行距離は4.64kmに達している。

初飛行の様子(出典:NASA/YouTube)
Ingenuityが撮影した火星と飛行中の影
Ingenuityが撮影した火星と飛行中の影(出典:NASA)

 今後は、太古の川によって作られた三角州状の地域をPerseveranceが探査するため、活動支援にIngenuityを活用する計画。ただし、この地域は40m以上の高低差があるなど、これまで運用していた地形と異なり平坦でない。Perseveranceが砂地に捉えられたり、Ingenuityが着陸に失敗して倒れたりするおそれがある。

 NASAはこうした状況にも対応できるよう、Ingenuityのソフトウェアをアップデートした。例えば、当初は最大15mに設定されていた飛行高度の制限を解除し、飛行中に対気速度を変えられるようにしている。こうした変更により、ナビゲーションの誤りが減り、飛行と着陸の安定性が高まるという。

PerseveranceやIngenuityの紹介ビデオ(出典:NASA/YouTube)


Share


Related Articles