ニュース

JAMSS、宇宙技術の活用で愛媛県の活性化を支援–愛媛県や伊予銀行と連携

2022.03.18 12:19

佐藤信彦

facebook twitter line

 有人宇宙システム(JAMSS)と愛媛県、伊予銀行は、愛媛県内で宇宙技術を活用して地域経済を活性化させるため、包括連携協定を結んだ。

 JAMSSは、国内で唯一、有人宇宙分野を手がける民間企業という。国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」や、宇宙ステーション補給機「こうのとり」の運用管制や保全補給、宇宙飛行士の訓練や搭乗支援、宇宙実験の運用、きぼう有償利用者の支援などを行っている。人工衛星の開発支援、衛星データにもとづく営農支援、気象情報、災害情報といった事業も展開している。

 3者はJAMSSのノウハウなどを活用し、県内企業に対する啓蒙活動などを通じて、宇宙技術を活用した新事業創出、宇宙産業への進出支援を行っていく。

 一部報道によると、3者はまず農業分野で衛星データを活用する。そして、取引先企業とのマッチングを進め、素材や宇宙食の開発などでの宇宙産業参入を促すという。

JAMSSと愛媛県、伊予銀行が連携
JAMSSと愛媛県、伊予銀行が連携(出典:JAMSS)
JAMSSが手がける各種事業
JAMSSが手がける各種事業(出典:JAMSS)
JAMSSの紹介ビデオ(出典:JAMSS/YouTube)

Related Articles