ニュース

「キッザニア」アプリ版に衛星通信エンジニア–仕組みや現場の仕事を動画で学ぶ

2023.01.17 17:00

飯塚直

facebook twitter line

 子ども向け職業・社会体験施設「キッザニア」を企画、運営するKCJ GROUP(東京都千代田区)は1月17日、オンラインサービス「キッザニア オンラインカレッジ」で「衛星通信エンジニア」の仕事が学べるコンテンツの提供を開始すると発表した。

 キッザニア オンラインカレッジは、同社が2022年11月8日から無料で提供している子ども向けアプリ(iOS/Android)。利用者は、生徒として、さまざまな仕事や社会を学べるコースの中から自分で好きなコースを選択し、放課後や休日などの時間を活用し自宅などから受講可能。コースを修了すると、メダルや称号などインセンティブが授与される。

 提供が始まった衛星通信エンジニアでは、衛星通信の仕組みや現場の仕事内容を紹介した動画の視聴を通じて、宇宙の人工衛星と地球上のアンテナの通信を整備する衛星通信エンジニアの仕事について学ぶことができる。

提供が始まった衛星通信エンジニアの動画(出典:KCJ GROUP)
提供が始まった衛星通信エンジニアの動画(出典:KCJ GROUP)

 コンテンツの内容は順次追加を予定。2月9日以降は追加コンテンツとして、シミュレーターを使って仕事に必要なスキルを学ぶことができる「トレーニング」が体験可能となる。パラボラアンテナの角度や電波のレベルを調整するなどして、「サッカーの世界大会のテレビ中継をつなげる」「災害現場でインターネットを使えるようにする」などのミッションの遂行を目指す内容になる。

2月9日以降に追加予定のトレーニング(出典:KCJ GROUP)
2月9日以降に追加予定のトレーニング(出典:KCJ GROUP)

 3月12日には、現場で働く衛星通信のプロフェッショナルに直接質問ができる「ワークショップ」を開催する予定だという。

3月12日予定のワークショップ(出典:KCJ GROUP)
3月12日予定のワークショップ(出典:KCJ GROUP)

 KCJ GROUPは2018年にKDDIグループに参画しており、KDDIグループとして教育支援を推進している。KDDIは、「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」「キッザニア福岡」に5G通信のエリア設計が体験できる「通信会社」パビリオン、「キッザニア福岡」に宇宙の仕事体験が可能な「宇宙訓練センター」パビリオンを出展している。

Related Articles