ニュース

Intelsatの航空機内インターネットにスカパーJSAT衛星「JCSAT-1C」

2022.02.03 08:00

UchuBizスタッフ

facebook twitter line

 スカパーJSATとルクセンブルグの衛星通信大手Intelsatは、Intelsatが提供する航空機内インターネットサービスにスカパーJSATの通信衛星「JCSAT-1C」の帯域利用に関する契約を締結した。2月1日に発表した。

 日本とアジア上空での利用に対応する。「Falcon 9」で2019年12月に打ち上げられたJCSAT-1Cは、高速大容量衛星(High Throughput Satellite:HTS)。従来型に比べて通信容量を大幅に拡張させたという。

 多数のスポットビームを搭載し、隣り合うスポットビームで異なる周波数を用いることで有限な周波数リソースの再利用が可能と説明。通信能力の高速化、大容量化につながるとしている。軌道位置は東経150度。周波数帯はKuバンド、Kaバンド。

 スカパーJSATとIntelsatは、2016年に日本航空(JAL)に通信衛星「JCSAT-5A」での航空機内インターネットサービス提供を開始している。

JCSAT-1C
JCSAT-1C(出典:スカパーJSAT)


Share


Related Articles