ニュース

Space BDが約10億円の資金調達–SpaceXロケット調達など宇宙輸送手段拡大へ

2021.12.02 08:25

CNET Japan

facebook twitter line

 Space BDは12月1日、既存株主であるインキュベイトファンド、アニヴェルセルHOLDINGS、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルに加え、シンガポール政府系投資会社Temasek Holdings傘下のPavilion Capitalによる第三者割当増資により、10.4億円の資金調達が完了したと発表した。累計調達金額は、18.9億円となる(第三者割当増資:16.1億円、借入金額:2.8億円)。

 同社は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による初の民間開放案件「国際宇宙ステーション『きぼう』日本実験棟からの衛星放出事業」の事業者に選定された宇宙スタートアップ。船外プラットフォーム利用事業、微小重力環境を活用するライフサイエンス事業、H-II A/H3ロケット相乗り打上げ事業など、JAXAとのパートナーシップを軸にグローバルで事業を推進している。

 現在は、基幹事業である衛星打上げ事業の拡大に加え、宇宙をテーマとした地域産業振興や教育・人材育成事業といった、同社が持つ技術力をベースにした技術プロジェクトマネジメントなど、増加する需要への対応を進めている。

 加えて、技術力に立脚した営業力・事業開発力を強みとして、宇宙の新たな利活用を創出する事業を展開。プロジェクトごとに異なる課題・目的に対して、ゼロからの事業立案・実行と技術的な支援をワンストップで提供している。

 今回調達した資金については、国内外での打上げ手段の確保による衛星打上げサービスの拡大に利用する。なお、2021年11月に米SpaceXとFalcon9ロケットの利用権確保に関する契約を締結しており、国内に加えて、海外の輸送手段の調達も充実させていく方針。

 さらに、宇宙をテーマとした教育、地域活性、一般企業のマーケティング活用など、宇宙と一般社会をつなぐプロジェクトや、月以遠の深宇宙開発に向けた大型プロジェクトなど、新規事業開発に向け、事業開発人材とエンジニア人材の採用・育成に活用するという。

(この記事はCNET Japanからの転載です)


Share


Related Articles