ニュース

カシオ計算機、JAXAと月面基地の建設に向けた位置測位の実験を開始へ

2021.11.29 13:15

CNET Japan

facebook twitter line

 カシオ計算機は11月29日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、高精度位置測位システム「picalico(ピカリコ)」による測位実験をサーティーフォー相模原球場で実施すると発表した。

 同社は、LED灯の発光色を変化させて信号を送信する独自の「カメラ可視光通信」を使い、主に工場の自動搬送機や台車、倉庫のフォークリフトなど作業動線の分析や所在管理に活用できる高精度の位置測位システムとしてpicalicoを開発。2019年3月より提供している。

 JAXAは2030年代以降、月面にインフラを構築して持続的な探査を目指す構想を掲げており、当面は月に衛星測位システム(GNSS)がないことを想定しているという。そこでカシオ計算機は、JAXAの宇宙探査イノベーションハブが実施した「第6回研究提案募集」において、自動制御のための位置計測・推定技術および、自動・自律型探査技術として「カメラ可視光通信を用いた非GNSS利用広域高精度測位」を提案。JAXAは、課題解決型の共同研究テーマとしてpicalicoを採択していた。

 picalicoは、LED灯の発光色を変化させて、信号を送信する独自の可視光通信を使用。信号は、3色(赤・緑・青)の発光色を24回または12回切り替える色変化のパターンで構成され、そのパターンがひとつのID情報となっている。信号として送信する色変化のパターンは、106万2882通りの組み合わせができるほか、カメラ1台で最大100個の信号を同時に受信することも可能だという。

 今回の実験は、野球場を月のクレーターに、フィールドを移動するトラクターを月面探査車に見立てて実施する。産業用カメラをトラクターに設置し、観客席に設置した複数のLED灯から送信する可視光通信の信号を捉えて、ID情報を受信。それぞれのID情報に紐づけられた座標をもとに、現在位置を算出して精度を確認するという。

(この記事はCNET Japanからの転載です)


Share


Related Articles