ニュース

電動キックボードのLuup、「みちびき」で走行位置の高精度測位–歩道と車道を区別へ

2022.01.24 16:28

CNET Japan

facebook twitter line

 電動キックボードのシェアリングサービスを手がけるLuupは、電動キックボードの走行位置をより高い精度で取得することを目指し、日本の準天頂衛星システム(QZSS)「みちびき」を活用した実証実験を開始する。

走行位置の高精度測位に「みちびき」を利用(出典:Luup)
走行位置の高精度測位に「みちびき」を利用(出典:Luup)

 現在、サービスで提供している電動キックボードの位置は、米国のGPS衛星を使って取得する。ただし、高い建物に囲まれた場所の多い都市部、樹木などに覆われた山間部などでは、GPS信号を受信しにくく、正確な走行位置の把握が難しい。測位誤差は一般に10mほどあり、走行している場所が歩道なのか車道なのか区別できないという。

 そこで、GPSを補完可能なみちびきの「サブメータ級測位補強サービス」を利用する。これにより、測位誤差を1m以下に抑え、歩道と車道のどちらを走行しているかまで分かるようになると考える。

 サブメータ級測位補強サービスの利用に必要な受信機「QZ1」は、実証実験で使う電動キックボードに装着済み。1月から2月にかけて東京都内で走行実験を実施し、測位データを集める。その後、3月よりデータを分析し、精度を検証していく計画。

実験で使う受信機「QZ1」(出典:Luup)
実験で使う受信機「QZ1」(出典:Luup)

(この記事はCNET Japanからの転載です)


Share


Related Articles