ニュース

中国人工衛星、宇宙ごみとニアミス ロシアの対衛星ミサイル実験で発生

2022.01.24 12:10

CNN.co.jp

facebook twitter line

ロシアの対衛星ミサイル実験で生じた宇宙ごみが18日、中国の人工衛星とニアミスしていたことが分かった。中国政府は「極めて危険」な事案と評している。

中国国家航天局の宇宙ごみ監視組織によると、ロシアの破片は中国の人工衛星から14.5メートルの距離まで接近した。

米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクドウェル氏は、もし衝突が起きていれば、「極超音速の衝撃波」を発生させていた可能性があると指摘。「容易に衝突しうるほど接近していた」とも説明した。

ただ、2つの物体が14.5メートルという特定の距離まで接近したとの中国の主張については、「そこまで正確に把握することは不可能でありナンセンス」と指摘した。

ロシアは昨年11月、直接上昇式の対衛星ミサイルを試射して自国の衛星1基を破壊し、バイデン米大統領から危険で無責任と非難された。

米宇宙コマンドは当時、この実験で「追跡可能な軌道上の破片が1500個あまり発生しており、今後より小さな破片が数十万個発生する可能性が高い」との見方を示していた。

中国の人工衛星が、ロシアの対衛星ミサイル実験で発生した宇宙ごみとニアミス
中国の人工衛星が、ロシアの対衛星ミサイル実験で発生した宇宙ごみとニアミス China’s Space Debris Monitoring and Application Center

(この記事はCNN.co.jpからの転載です)


Share


Related Articles